エクソンモービル【XOM】より配当金を受領(2017年第1四半期決算を振り返る)



【スポンサーリンク】

エクソンモービル【XOM】より6月分の配当金18.71ドル、日本円に換算すると2,058円を受け取りました。

※(1ドル=110円で換算)

これで、今年受け取った配当金の合計は50.35ドル、日本円に換算すると5,538円になります。

配当も無事に受け取っとことなので、直近である4月に発表された第1四半期決算の内容を振り返りながら、エクソンモービルの現状を確認したいと思います。
2017年3月期(第1四半期)の売上高は、市場予想の647億3000万ドルに対して632億8700万ドルと市場予想を下回りました。しかし、売上高、純利益、EBITDAは、前年同期から当期にかけて少しずつ上昇し、粗利率も約10%ほど上昇しています。原油価格が一時期よりは持ち直したことや取り組んでいるコストダウンなどの施策の効果も出てきているものと考えられます。

キャッシュフローも少しずつ好転しています。しっかりとフリーCFを確保しながら、営業CFマージンも約13%まで回復しており、収益性は改善傾向にあります。EPS(1株当たりの利益)は、市場予想0.85ドルに対して0.95ドルと市場予想を上回る結果でした。やはり原油価格が一時期よりは持ち直したことがこの度の結果に繋がりました。ただし、原油価格の先行き見通しはまだまだ不透明であり、石油事業を取り巻く状況は依然厳しいことに変わりありません。

原油価格が回復してくれば、これまでのコストダウンなどの施策が今後に効いてくるはずなので、是非、この厳しい状況を乗り切ってもらいたいと思います。

エクソンモービル【XOM】34年連続増配中のスーパーメジャー

2018.04.10

話はガラリと変わりますが、6月13日~14日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、FRB(米連邦準備制度委員会)が追加利上げと保有資産の縮小計画を発表し、これらの報道を受けて、これまで市場を牽引してきたハイテク株が売られました。

買い増ししたい銘柄や目星を付けていた銘柄が私の投資基準よりも割高なため、なかなか手を出しにくい状況ですが今後の展開がどうなるか見ていこうと思います。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA