ADR銘柄、ウエストパック銀行【WBK】を買い付けました



【スポンサーリンク】

ADR(米国預託証券)銘柄、オーストラリアのウエストパック銀行を23.42ドル×40株買い付けました。

ちなみにADRとは「American Depositary Receipt」の略称で、米国の投資家が米国以外の外国企業に自国通貨であるドル建てで投資できるように作られたものです。

その仕組みは、外国企業の株式を信託銀行などの預託機関に預け、これを担保にADRという証券を発行し、通常の米国株式と同じように米国市場で売買できるようにしたもので、ADRを利用することで、私たち日本人投資家も米国市場を通じて世界の優良銘柄へドル建てで投資することが可能になります。

この度、ADRを利用してウエストパック銀行を買い付けたのは、ウエストパック銀行の財務状況・株価・配当利回が魅力的だったのはもちろんのことですが、それとは別に人口が増え続けているうえ鉄鉱石などの豊富な資源に恵まれている成長国オーストララリアに個人的に大きな魅力を感じているからということもあります。(新婚旅行もオーストラリアでした…)

銀行という業種柄、もろに世界経済の影響を受けやすい銘柄ですが今後の好パフォーマンスを期待しています。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA