バンガード・米国トータル債券市場ETF【BND】は安定性抜群の優良債権ETF



【スポンサーリンク】

以前、「自信を持って勧めることができる最適解」という記事を書きました。

自信を持って勧めることができる最適解

2017.08.31

その記事の中で複数のETFを「最適解」としてあげたのですが、「なぜ、このETFがお勧めなのか?」ということについては詳しく触れていなかっので、補足としてより詳しく紹介したいと思います。

今回は、ザ・バンガード・グループ・インクのバンガード・米国トータル債券市場ETF【BND】を紹介します。

バンガード・米国トータル債券市場ETF【BND】の概要

  • ティッカー:BND
  • ベンチマーク:バークレイズ米国総合浮動調整インデックス
  • 純資産総額:357億6,300万ドル
  • 経費率:0.05%
  • 標準偏差(3年):3.10%
  • シャープレシオ(3年):0.73

※上記は2017.8.31のデータ

標準偏差

標準偏差とは、複数の値の中で、個別の値が中間値(または平均値)と比較してどの程度の違いがあるかを計測するもので、リスク要因を分析する手段として利用されます。相場で使われるボラティリティ(価格の変動率)もこの標準偏差で分析され、どの程度、価格の幅があるのかを示めします。投資における「リスク」とは、価格の振れ幅のことを指しますので、単純に標準偏差の大きさ=リスクの大きさと考えてOKです。

シャープレシオ(Sharpe Ratio)

シャープレシオとは、リスク(標準偏差)1単位当たりの超過リターン(リスクゼロでも得られるリターンを上回った超過収益)を測るもので、この数値が高いほどリスクを取ったことによって得られた超過リターンが高い(効率よく収益が得られた)と言えます。異なる投資対象を比較する際に、同等のリスクなら、どちらのリターンが期待できるかを考えるときに利用します。

バンガード・米国トータル債券市場ETF【BND】(以下【BND】)は、バークレイズ米国総合浮動調整インデックスと同等水準の投資成果を目標に設計されたETFです。

ETF(上場投資信託)とは?

2018.07.19

ベンチマークとなるバークレイズ米国総合浮動調整インデックスは、米国内における残存期間が1年以上の投資適格 課税対象債券市場のパフォーマンスを測定するように作られた指数で、米国債、社債、モーゲージ債、米国以外の米ドル建て債券などが含まれています。

過去の値動きとリターン

【BND】の設定は2007年4月3日です。それでは、設定来のパフォーマンスを見ていきましょう。

設定時(2007.4.3)の株価は約75ドル、現在(2017.10.6)の株価は81.76ドルで、2007年4月の上場以来、株価は9.0%上昇しています。

また、2007年の設定ということで、2008年のリーマンショックを経験しており、チャートを見るとリマーンショック後には一時70ドル辺りまで値を下げましたが、債券ETFらしく底堅い値動きをしていて、1年待たずして元値に戻しています(NYダウは、高値から50%以上値を下げ、元値に戻すのに5年かかっています)。

3年の標準偏差が3.10%、5年の標準偏差が2.99%、10年の標準偏差が3.37%と、大きな危機に直面した際にも、投資適格債券のETFらしくボラティリティ(価格の変動率)は小さく、このような特性からキャピタルゲイン(売却益)を狙うような投資には向かないETFです。

上のチャートは、バンガードのホームページに掲載されている設定時に10,000ドル投資し、分配金を再投資したと仮定して算出したものです。設立時(2007年4月3日)に投資した10,000ドルが、2017年9月30日には51.10%アップの15,110.14ドルになっています。

元本割れを極力避けたい方や、運用資金が豊富で極力リスクを避けたい方にとっては、10年ちょっとでこのリターン(約1.51倍)は十分魅力的な水準なのでは?と思います。

保有銘柄と資産構成(2017.03.31)

【BND】の保有する債券の発行体別構成比率は以下のとおりです。

【BND】は現在8,304銘柄で構成されています。主な債券の発行体は、米国財務省/政府機関(米国債)と政府モーゲージ担保証券といった政府系の発行体が上位を占めています。


実効残存期間別構成比率を見ると、【BND】が中長期の債券を中心に運用されていることが分かります。

また、格付別構成比率を見ると、投資適格(BBB以上)債券ETFらしく、信用格付けの高い債券で構成されていることが分かります。

分配金利回り

  • SEC分配金利回り:2.37%
  • 配当スケジュール:毎月

※上記は2017.9.30のデータ

注意
米国株の配当(米国ETFの分配金)には、米国で10%、日本で20.315%の源泉徴収税がかかります。ただし、NISA枠を利用して購入した株の配当(ETFの分配金)については、NISA適用期間中は日本での税金20.315%は非課税になります。NISAを利用しない場合は、確定申告をすることで、米国で課税された税額(10%分)を日本の所得税や住民税から一定額控除できる外国税額控除を利用することができます。

まとめ

バンガード・米国トータル債券市場ETF【BND】は、安定性の高い投資適格債券で構成されて、経費率(信託報酬)も僅か0.05%という低コストを実現したETFで、元本割れを極力避けたい方や、運用資金が豊富で極力リスクを避けたい方にとっては利用価値の高いETFです。

特に預貯金(定期預金10年がネット銀行で年利0.04%、メガバンクで年利0.01%程度)や、個人向け国債(固定5年で年利0.05%)といった日本で売られている安全性の高い金融商品は、あまりにも利回りが低くいことを考えると、【BND】のような比較的高分配(年利2.37%)で安全性が高い債券ETFは利用価値が高いと言えます。

注意
【BND】はドル建ての債券ETFのため、為替の影響(為替リスク)を受けることになります。【BND】へ投資をした場合、投資した時点から円高ドル安になれば円ベースでの利回りは下がり、円安ドル高になれば円ベースでの利回りは上がります。

また、すでに多くの資産を保有している方にも利用価値が高いETFで、例えば2億円の資産を保有する方が、【BND】に2億円全額投資した場合、元本割れのリスクを抑えながら毎年474万円の分配金が入ってくる計算になります(現在の分配金利回りで計算。分配金額は税引き前の金額です)。

その他にも、目ぼしい投資先が見つからない場合のキャッシュの避難先としての利用や、ポートフォリオに一定比率の【BND】を加えて、株価暴落時のプロテクターとして利用し、株価暴落の際は【BND】を売って、暴落した割安な株を買い集める資金として利用するなど、ボラティリティが小さい債券ETFならではの使い方が考えられます。

ただし、過去を振り返れば、長期的に見ると債券は株式のパフォーマンスを大きく下回っています

私的には、株式をメインにしつつ、状況にあわせて【BND】をポートフォリオに一定比率加えるという使い方がベストだと考えますが、投資に対して恐怖心を抱いている方や投資初心者の方が、投資の醍醐味を知る第一歩として【BND】に投資するというのは良い選択ではないでしょうか。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA