バリュー投資



【スポンサーリンク】

バリュー投資とは?

バリュー投資とは?と考える前に、あなたに質問があります。もっともシンプルな投資の原則は何だと思いますか?

その答えは、「安く買って、高く売る」ということです。

そして、この場合の「安い」「高い」は何を基準に判断するかというと、その投資対象の本質的価値より安ければ「安い」、高ければ「高い」と判断するわけで、この本質的価値を見極めるには、何らかの客観的な基準が必要になります

この「安い」「高い」を客観的に判断するためのアプローチとして、投資先の事業内容や基礎的要因の分析に基づく「ファンダメンタルズ」アプローチと、株式そのものの値動きの研究に基づく「テクニカル」アプローチという二つの流派が存在するのですが、「ファンダメンタルズ」アプローチを用いてその投資先に潜む本質的な価値を推計し、価格がこれを下回ったときに買うという投資手法を「バリュー投資」といいます。

バリュー投資の対極に、その時々の値動きのみに着目し、株価上昇率が大きな銘柄や話題性のある銘柄に投資する「モメンタル投資」といわれるものもありますが、バリュー投資の父といわれ、ウォーレン・バフェットの師でもあるベンジャミン・グレアムは、その著書「賢明なる投資家」のなかで、

B・グレアム
投資とは詳細な分析に基づいたものであり、元本の安全性を守りつつ適正な収益を得る行動を差す。そしてこの条件を満たさない売買を投機的行動であるという。

と、投資と投機について定義づけし、

B・グレアム
いわゆる「人気」株、またはそれに類する株を買う人はすべて、投機またはギャンブルをしているのだ。投機には魅力がある。このゲームに勝っているときは、実に楽しい。もしあなたが投機で運試ししたいなら、このための資本(少ないに越したことはない)は他の資本とは別に分けておくことである。市場が上がり、利益が転がり込んできたからといって、さらに資金追加をすることは禁物である。間違っても投資資金と投機資金を同じ口座で運用してはならないし、頭のなかで混同してもいけない。

と記しており、バリュー投資の父といわれるグレアムの考えではモメンタル投資は、投資ではなく投機と定義づけされています。

バリュー投資で追及するのは、安さで、一般的にバリュー投資の手法をとる投資家は、利益、CF、配当、実物資産、企業価値といった財務指標に注目し、安いと判断した銘柄に投資するといった地味でコツコツとした作業を必要とします。

それに対してグロース投資は、地味でコツコツとした作業を必要とするバリュー投資と、投機的な要素の強いモメンタム投資の中間に位置するような手法で、企業の現在の業績などにはあまり重きを置かずに、将来性をより重視します。

ただし、バリュー投資は将来の見通しを全く考慮せず、グロース投資家は現在の業績を軽視しているかというと、それは短絡的で、結局のところ、企業の現在の本質的価値を推計するには、企業の将来性に関する見解が必要であり、何にどれだけ重きを置くかという程度の問題はありますが、バリュー投資とグロース投資をハッキリと線引きするものはありません。

バリュー投資の有効性

バリュー投資とグロース投資。どちらが大勝ちできる見込みがあるかといえば、

バリュー投資<グロース投資

です。未来に目を向けることは現状を把握するより難しく、大勝ちできる見込みがないなら、将来の予測にともなう不確実性に耐えるかいがありません。

そして、どちらの方が安定性が高いかといえば、

バリュー投資>グロース投資

といえます。

一般的に、グロース投資は成功した場合にリターンが増大する可能性が高く、バリュー投資では成功した場合でもリターンは安定的です。だからといってバリュー投資が簡単なのかというとそういうわけではありません。

バリュー投資は本質的な価値を正確に推計できるかどうかにかかっていて、正確に推計できなければ、高すぎるか、あるいは安すぎる価格でその銘柄を買う公算が大きくなってしまいます。安すぎる価格で買えた場合は結果オーライでラッキーですが、高すぎる価格で買ってしまった場合には、予想外の本質的価値の上昇や強気相場、あるいは自分より見る目のない買い手が現れなければ、利益をあげることはできません。また、投資の世界では正しい判断だとしても、必ずしもそれがすぐに証明されるわけではなく、「ブレない」という忍耐力も必要になります。

ウォーレン・バフェットの言葉に、

W・バフェット
1ドルを40セントで買う!

という概念があります。

例えば、バフェットの言葉通りに、実質的価値を100ドルと見積もった株式を40ドルで買える機会に恵まれたとしても、投資の世界では、一般的な市場と違って、高いものを欲しがる人は多いですが、安いものを欲しがる人は少ないことから、その株式はその後も低迷が続くかもしれません。また、そうなればその株式を保有し続けたり、ナンピン買いをしたりするのは精神的に非常に難しくなり、30セント、20セントと下落が続くようであれば、人は自分の判断を疑い、不安や迷いが生じるものです。

ですから、正しい実質的価値を導き出せても、少々のことでブレないような固い意志を持っていなければバリュー投資は成功しませんし、誤った(割高な)実質的価値を導き出した投資家が、固い意志をもっているようであれば、成功どころか状況はさらに悪化の一途を辿ります。

そんな難しいこと考えなくてもインデックスに連動するETFや投信でパッシブ投資をすれば、誰でも平均はとれるじゃない?という意見が聞こえてきそうですが、これは、今の上昇相場で投資家がアグレッシブになりすぎて忘れているだけで、パッシブ運用であろうと相場全体が上昇しているときは割高である公算が高く、高掴みしてしまえば、予想外の本質的価値の上昇や強気相場、あるいは自分より見る目のない買い手が現れなければ、利益をあげることはできないという意味では個別株への投資と何ら変わりませんし、値動きだけを追って市場に参加するのはグレアムがいう投機そのものです。

投資の原則は、「安く買って、高く売る」ことですが、これは「言うは易く行うは難し」で、まして、現在のような強気相場で「安く買う」のは非常に難しいミッションです。

投資の世界では、より安値で買った人ほど有利であり、高値で買った人ほど不利になりますが、

グレアムは、これを安全域(Margin Of Safety)と定義しています

多く投資家は高値になればなるほど市場に押し寄せ、高値が新たな熱狂を生み、本質的な価値と価格はどんどん乖離します。そして、ひとたびその熱狂から覚めるとパニック売りがはじまり、疑いや不安が底値を切り下げる展開を呼び、売りを加速させるのです。

どっちにしろ一番割を食うのは、過熱相場に遅れて参戦する無知な投資家(投機家)であり、私は、市場に参加する以上はどんな金融商品を選択したとしても、最低限の「ファンダメンタルズ」アプローチは学んでおくべきだと考えています。

ベンジャミン・グレアムは著書「賢明なる投資家」のむすびにこう書いています。

B・グレアム
投資が最大に知的な行為となるのは、それが能率的に行われたときである。ウォール街で株式を売買する有能な実業家の多くが、自分の事業で成功するに至った原理原則を全く無視して投資行為に挑もうとするのには、ただ驚くばかりである。株式は、その企業に対する持ち分、あるいは債権であるという認識を持つべきであろう。証券の売買によって利益を得ようとするなら、その人は投機的事業に乗り出そうとしていることにより、成功のチャンスをつかむには、正当とされる事業原則にのっとった売買しなければならないのである。

その第一の原則は、「自分が何をしているのか知れ(己の事業を知れ)」という極めて明白な事柄だ。この言葉の投資家にとっての意味は、例えば販売業や製造業を行う場合、自社製品の価値についてよく知る必要があるわけで、それと同様に投資においても買い付ける証券の価値を十分に認識しているのでなければ、通常の利息や配当以上の「事業利益」を証券に期待するなということである。

第二の事業原則は、「決して自分の事業を他人まかせにしてはならない。他人に任せるのであれば、①彼のやることに対して注意を怠らず、かつ十分に理解することができ、②その人の誠実さと能力に絶対の信頼がおけるという並々ならぬ確証が持てなければならない」ということである。投資家にとってこの原則は、自分のカネを使った投資の売買判断を、他人に委託する場合の条件を意味する。

第三の原則は、「信頼のおける計算の結果、相応の利益を得るチャンスが十分に考えられる場合を除いて、ぞの事業(投資)に踏み出してはならない。特に、利益より損失の方が多いであろう投機的行為には手を出してはならない」ということだ。積極的投資家にとってこの原則は利益を求めて証券を売買するに際しては、楽観論ではなく数学的計算を基に行う必要があることを意味している。すべての投資に対しては、従来型の債券や優先株のように、利益の少ないものに投資して限定的利益を得ようとするのであれば、元本割れのリスクは冒していないという絶対的な確証がもてなければならないということである。

第四の事業原則は、もっと積極的なものだ。すなわち「自分の知識や技術に勇気をもって従いなさい。事実に基づく結論を自ら下し、その判断が正しいと確信したのなら、たとえ他人がそれに対して躊躇したり異なった考えを持っていようが、自分の判断に従って行動しなさい」ということである(みんながあなたと正反対の考えであろうとも、そのこととあなたの判断の正否とは無関係だ。あなたのデータやそれに基づく判断が正しければ、あなたは正しいのである)。同様に証券の世界でも、十分な知識と信頼できる判断という裏付けがあれば、勇気が最高の価値を持つのである。

幸いなことに、一般的な投資家にとっては、自分の能力に応じたところに野心を据え、投資活動を標準的な防衛的投資という安全な狭い範囲に限定するのであれば、投資を成功させるためにこれらの資質を有する必要は皆無である。満足のいく投資成果を生むことは、多くの人が思っているより簡単だ。ただし、それ以上の成果を成し遂げるのは、想像以上に困難なのである。

私は、グレアムの考えに強い影響を受けていて、「賢明なる投資家」を目指してバリュー投資を勉強中です。あなたがグレアムのいう「投機家」ではなく「投資家」を志すのであれば、バリュー投資を学び、それを実践することで、安全域を守りながら相場に居続けることが可能になるのではないでしょうか。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA