TVで「お手軽投資でボーナスを増やせ」という特集を見て感じたこと…



【スポンサーリンク】

昨日の夕方、テレビをたまたま見ていたら、「お手軽投資でボーナスを増やせ」という特集をやっていました。

関西テレビの報道番組「みんなのニュース報道ランナー」という番組の「なるほど!ちまたのケーザイ学」というコーナーらしい。

投資の話なので、興味深く見ていると……

金太郎
おいおい、テレビ局がリスクにほとんど触れずに、儲かることばかり強調しちゃってるよ!

というのが私の率直な感想であり、一投資家、一ファイナンシャルプランナーとしては残念な放送内容でした。

放送の中で紹介されたウェルスナビが素晴らしいサービスなのは私もまったく同感です。ただ、私が気になったのは次のやり取りです。関西テレビのホームページに放送内容のバックナンバーがあったのでそこから引用させてもらいます。

なんと、スマートフォンひとつで初心者でも簡単に投資が出来る新サービスがあると聞き、記者が体験させてもらうことに!

  • ウェルスナビ 柴山和久CEO

「スマートフォンの登場で、投資・資産運用が誰でも身近に始められる。これまで富裕層でないと利用できなかったような資産運用サービスが誰でも使えるようになった」

この会社では、フィンテックの一種、ロボットアドバイザーと呼ばれる技術を使って、簡単に資産運用をすることができるといいます。

Q:最短1分と書かれていますね?

  • 柴山CEO

「そうですね(笑い)、早速”診断を始める″を押してください」

まずは投資経験の全くない記者が無料診断を体験。年齢・収入や貯めたい目標額など6つの簡単な質問に答えます。

30万円からスタートし、毎月1万円ずつを30年間積み立てた場合、それだけだと390万円になる計算ですが…

  • 柴山CEO

30万円でスタートして、毎月1万円で(積み立てながら)30年間運用しますと、70%の確率で600万円ぐらいになります

なんと、このサービスを使って運用すると、およそ600万円に増やせる確率が高いという結果が!

あとは、口座を作ってお金を振り込むだけで運用がスタートするのです。

  • 柴山CEO

「だいたい50か国、1万1000銘柄くらいに分散して(自動で)投資を行う。世界中の株式に少しずつ分散して投資を行うことによってリスクを抑えて資産運用することが可能となる」

以前のこのような資産運用サービスは手数料が高く、富裕層向けのものでした。しかし、フィンテックを活用し、判断を人間でなくロボットアドバイザーが行うことで手数料を低く抑えることができるようになったのです。

……
……
根拠を示さずに70%の確率って

金太郎
ロボアドバイザー(AI)は神様か!

30年後なんて

金太郎
そんなもん誰にも分るわけないやろ!
というのが私の感想で、そのあとに続く「あとは、口座を作ってお金を振り込むだけで運用がスタートするのです」というフレーズに、

金太郎
おいおい!金融リテラシーが低い人だと勘違いしてしまうぞ!それじゃあサブリースの建築営業みたいなもんやないか!

と関西テレビの番組の作り方に疑問を感じたわけです。まぁタイトルが「お手軽投資でボーナスを増やせ」なので、リスクを言い出したら番組の趣旨とは合わないのはよくわかるんですが…。

しかし、投資の初心者を対象とした番組のコーナーだからこそ、「投資にリスクはつきものだ」とそれなりの注意喚起が必要だと私は感じたのですがどうでしょうか?

ただ、勘違いしてもらいたくないのでもう一度書きますが、ウェルスナビは素晴らしいサービスだと思います。

ウェルスナビが選ぶETFは、バンガードやブラックロックの優良ETFばかりで、手数料は預かり資産の評価額に対して1%(年利、消費税別)。この中に売買手数料や為替手数料も全て含まれていて、自動再投資、自動積立、自動リバランス、自動デタックス(自動税金最適化)などのサービスが受けられます。(それなりに経験を積んだ投資家には1%のコストは高いと感じると思いますが…)

胡散臭い投資アドバイザーやファイナンシャルプランナーに相談するよりも、ウェルスナビを利用してロボットアドバイザーに相談した方が費用も安く適切なポートフォリオを作ってくれるでしょう…

ウェルスナビが選ぶETFは多くの投資家が認める優良ETFであり、これらETFが過去に記録したパフォーマンスを考えたら、儲かる可能性が高いのも確かです…

ただし、大小はあれど「投資にリスクはつきもの」だし「投資に絶対に儲かるなんてない」のです。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA