2018年12月の実績



【スポンサーリンク】

《2018年12月の実績》

新年あけましておめでとうございます。

いつまで続くか分からぬまま始めた当ブログもいよいよ3年目に突入しました。

1年目である2017年はROI(投資利益率)でみて+8.7%と、目標(+5%)以上の運用実績を残すことができましたが、2年目である昨年は後にも触れるように▲17.6%と、大きく資産を減らす結果となってしまいました(トータルで▲8.9%の含み損)。

しかし、結果としては残念な年としか言いようがない散々たるものでしたが、個人的には、昨年の下げ相場は、現在行っている投資戦略を継続できれば、「長い目で見れば、まず負けはしない(元本割れはしない)」という手ごたえと自信を得ることができましたし、「勝って兜の緒を締めよ」と古来から言われるように「投資とはそんなに甘くない」ということを再認識することができ、とても勉強になった1年だったと思います。

2019年はどんな相場になるか?金太郎には分かりません。

ただ、どのような年になろうとも、「昨年よりはステップアップできた」と手ごたえを感じることができる1年にしたいものです。

それでは、定例の2018年12月末の米国株特定口座(+NISA口座)のポートフォリオの状況をまとめていきます。

売買

売買はありませんでした。

ポートフォリオの損益推移

ドル資産ポートフォリオ(キャッシュは含まない)の損益推移です。

ポートフォリオの損益▲7466.39ドル(日本円に換算して約▲82万円)の減益で、先月末と比較すると▲4694.00ドル(日本円に換算して約▲51万円)の減益でした。

投資回収率は3.72%で、先月末と比較して+0.26%UPしました。

米国株特定口座の資産状況の推移

米国株特定口座内のキャッシュも含めた資産状況の推移です。

12月は米国株特定口座内への入金はなく、2018年12月末迄の米国株特定口座への入金額は651万3,681円、2018年12月末時点での評価額は593万5,130円でした。

ROIは▲8.88%(前月比▲11.17%)、トータルの損益は▲57万8,551円(前月比▲72万7,614円)でした。

ROI(投資利益率)
ROIはReturn On Investmentの略で投下した資本に対してどれだけ利益が上がったかを表す指標です。

配当実績

12月のインカムゲイン(配当収入)は159.72ドル、日本円に換算して17,506でした。

1ドル=109.607で換算)

これで、これまでに受け取ったインカムゲインは2,251.01ドル(日本円に換算して24万6,726円)、今年受け取ったインカムゲインは1,784.71ドル(日本円に換算して19万5,616円)になりました。

iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】より2018年12月分(2回目)の分配金を受領

2018年12月30日

ロイヤルダッチシェル【RDS.B】より配当金を受領(2018年第3四半期決算を振り返る)

2018年12月29日

コカ・コーラ【KO】より配当金を受領(2018年第3四半期決算を振り返る)

2018年12月19日

ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】より配当金を受領(2018年第3四半期決算を振り返る)

2018年12月17日

エクソンモービル【XOM】より配当金を受領(2018年第3四半期決算を振り返る)

2018年12月14日

iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】より2018年12月分の分配金を受領

2018年12月13日



個別銘柄の状況

アルファベット【GOOGL】

  • 数量:8
  • 平均取得価格:1,024.00ドル
  • 2018年12月末の株価:1,046.01ドル(+2.15%)
  • 評価損益:+176.08ドル
  • 回収率:0.00%
  • ROI:+2.15%

アルファベット【GOOGL】はITの巨人Googleの持株会社

2018年7月10日

ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】

  • 数量:60
  • 平均取得価格:130.2973ドル
  • 2018年12月末の株価:129.07ドル(▲0.94%)
  • 評価損益:▲73.64ドル
  • 回収率:+2.42%
  • ROI:+1.47%

ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】は半世紀以上増配を続ける配当王銘柄

2018年6月6日

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】

  • 数量:160
  • 平均取得価格:54.7109ドル
  • 2018年12月末の株価:31.86ドル(▲41.77%)
  • 評価損益:▲3,656.14ドル
  • 回収率:+3.22%
  • ROI:▲38.55%

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】は世界最大のタバコ会社

2018年7月4日

アルトリアグループ【MO】

  • 数量:90
  • 平均取得価格:66.0322ドル
  • 2018年12月末の株価:49.39ドル(▲25.20%)
  • 評価損益:▲1497.78ドル
  • 回収率:+3.61%
  • ROI:▲21.60%

アルトリアグループ【MO】は安定の高配当銘柄

2018年6月7日

ロイヤルダッチシェル【RDS.B】

  • 数量:40
  • 平均取得価格:55.30ドル
  • 2018年12月末の株価:59.92ドル(+8.35%)
  • 評価損益:+184.80ドル
  • 回収率:+11.90%
  • ROI:+20.25%

ロイヤルダッチシェル【RDS.B】は配当利回り5%超えの欧州石油メジャー

2018年5月25日

エクソンモービル【XOM】

  • 数量:35
  • 平均取得価格:79.20ドル
  • 2018年12月末の株価:68.20ドル(▲13.89%)
  • 評価損益:▲385.15ドル
  • 回収率:+5.50%
  • ROI:▲8.40%

エクソンモービル【XOM】34年連続増配中のスーパーメジャー

2018年4月10日

ウエストパック銀行

  • 数量:143
  • 平均取得価格:22.5954ドル
  • 2018年12月末の株価:17.47ドル(▲22.68%)
  • 評価損益:▲732.93ドル
  • 回収率:+5.11%
  • ROI:▲17.57%

ウエストパック銀行【WBK】は創業200年の老舗銀行

2018年5月28日

AT&T【T】

  • 数量:60
  • 平均取得価格:37.141ドル
  • 2018年12月末の株価:28.54ドル(▲23.16%
  • 評価損益:▲516.06ドル
  • 回収率:+5.39%
  • ROI:▲17.76%

AT&T【T】は配当利回り6%超えの米国最王手の電気通信会社

2018年6月22日

ベライゾンコミュニケーションズ【VZ】

  • 数量:50
  • 平均取得価格:47.5240ドル
  • 2018年12月末の株価:56.21ドル(+18.28%)
  • 評価損益:+434.30ドル
  • 回収率:+4.91%
  • ROI:+23.18%

ベライゾンコミュニケーションズ【VZ】はダウ30銘柄にも含まれる大手通信会社

2018年6月28日

ゼネラルミルズ【GIS】

  • 数量:50
  • 平均取得価格:55.88ドル
  • 2018年12月末の株価:38.95ドル(▲30.30%)
  • 評価損益:▲846.60ドル
  • 回収率:+4.47%
  • ROI:▲25.83%

ゼネラルミルズ【GIS】はHäagen-Dazs でお馴染みの老舗食品会社

2018年6月8日

PPLコーポレーション【PPL】

  • 数量:90
  • 平均取得価格:28.00ドル
  • 2018年12月末の株価:28.33ドル(+1.18%)
  • 評価損益:+29.70ドル
  • 回収率:+3.15%
  • ROI:+4.33%

PPL Corporation【PPL】は米国の高配当電力会社

2018年7月4日

コカコーラ

  • 数量:20
  • 平均取得価格:42.00ドル
  • 2018年12月末の株価:47.34ドル(+12.71%
  • 評価損益:+106.80ドル
  • 回収率:+5.72%
  • ROI:+18.44%

コカ・コーラ【KO】は、55年連続増配中の世界最大の清涼飲料水メーカー

2018年6月13日

iシェアーズ・コア米国高配当株

  • 数量:10
  • 平均取得価格:85.48ドル
  • 2018年12月末の株価:84.37ドル(▲1.30%)
  • 評価損益:▲11.10ドル
  • 回収率:+5.62%
  • ROI:+4.32%

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF【HDV】は、分配金利回り3%越えのETF

2018年7月13日

iシェアーズ米国不動産ETF【IYR】

  • 数量:70
  • 平均取得価格:77.7157ドル
  • 2018年12月末の株価:74.91ドル(▲3.61%
  • 評価損益:▲196.40ドル
  • 回収率:+2.52%
  • ROI:▲1.09%

iシェアーズ・米国不動産ETF【IYR】は、米国REITに幅広く分散投資可能なETF

2018年7月11日

iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】

  • 数量:118
  • 平均取得価格:38.3169ドル
  • 2018年12月末の株価:34.23ドル(▲10.67%)
  • 評価損益:▲482.25ドル
  • 回収率:+6.61%
  • ROI:▲4.05%

iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】は高利回り、毎月分配型のETF

2018年7月12日



2018年12月を振り返って

2018年12月は、金太郎が米国株への投資をはじめて以来もっとも悪い運用実績(¥ベースでのROIで▲11.2%)となり、また、最大の損失(¥ベースで約▲73万円)を記録した月ともなりました。

それに伴い、金太郎のポートフォリオも元本の約1割程度の損失を出すこととなり、今後の状況次第では、しばらくは損失を抱え続けるどころか損失が拡大することも覚悟しなければなりません。

しかし、基本的に金太郎は「インカムゲイン」を重視して投資していますので、見方を変えれば、現状の相場全体の低迷は、良い企業にそこそこの値段で投資できるチャンスであり、将来受け取るインカムゲインを増幅させる加速装置とも言えます。

この機会を逃さないためにも、ポートフォリオの入れ替え、リバランス等、ポートフォリオの再点検を行い、より自分の考えに適したポートフォリオに再編できればと良いなと考えています。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA