2017年9月の実績



【スポンサーリンク】

米国株特定口座のポートフォリオ

10月になり、すっかり秋らしくなってきました。

9月28日に衆議院が解散し、世間はすっかり選挙モードに突入。私自身どの政党に一票を投じるかまだ決めかねていますが、22日の投票日まではまだまだ時間があります。日本の将来が少しでも良くなるように、じっくりと考えて一票を投じようと思案中ですが、皆さんも是非選挙に行って、貴重な一票を投じてください。

それでは、定例の2017年9月末の米国株特定口座の資産状況をまとめていきます。

●2017年9月末時点の米国株特定口座で保有している株式の評価額($)
保有している株式の9月末時点の評価額は21,449.86ドル
保有している株式の約定金額合計は21,248.46ドル
・評価損益=+201.40ドル+0.95%)

8月の評価損益は、米国株への投資を開始以来、初めてマイナスに落ち込みましたが、9月の評価損益は+201.40ドルで終えることができました。「9月はもっと下げるかな」と考えていた私の予想とは裏腹に、NYダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500などの指数も過去最高高値を更新し、米国市場は活況を呈しました。

私の保有銘柄では、アルトリアグループ【MO】やブリティッシュアメリカンタバコといったタバコ銘柄とゼネラルミルズ【GIS】に関しては相変わらず元気がありませんでしたが、ロイヤルダッチシェル【RDS.B】やエクソンモービル【XOM】といった石油関連銘柄やベライゾンコミュニケーションズやAT&Tといった電気通信銘柄が好調でした。

上のチャートは、米国株特定口座で保有しているポートフォリオの2017年4月以降のパフォーマンス(配当金⦅税引前⦆込み)の推移です。株式市場の好況によって、見事にV字回復してくれました。

●米国株特定口座の全資産(キャッシュも含む)評価額(¥)
・米国株特定口座への入金額は4,779,800円
・現在の評価額は4,934,384円
・評価損益=154,584円(+3.23%)
※1ドル=112.499円で計算

米国株特定口座の全資産(¥ベース)は先月と比較して164,682円(3.45%)増の4,934,384円になりました。保有株式の評価額がプラスになったことや、配当収入があったことなども一つの要因ですが、大きいのは為替の影響で、円高ドル安時に240万円をドル転し、現在、円安ドル高になっていることから、円ベースでの米国株特定口座の全資産は、含み益が増えました。

配当実績

9月分の配当は71.85ドル。日本円に換算して8,083円の配当がありました。

2017年の配当収入は、9月末の時点で248.08ドル。日本円に換算して27,908円になりました。

個別銘柄の状況

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】
・数量:49
・平均取得価格:$65.12
・9月末の株価:$62.47(-4.07%)
・約定金額合計:$3,191.08
・9月末の評価額:$3,061.03
・評価損益:-$130.05
ロイヤルダッチシェル【RDS.B】
・数量:40
・平均取得価格:$55.30
・9月末の株価:$62.55(+13.11%)
・約定金額合計:$2,212.00
・9月末の評価額:$2,502.80
・評価損益:+$290.08
ウエストパック銀行【WBK】
・数量:96
・平均取得価格:$22.94
・9月末の株価:$25.20(+8.58%)
・約定金額合計:$2,202.40
・9月末の評価額:$2,419.20
・評価損益:+$216.80
エクソンモービル【XOM】
・数量:27
・平均取得価格:$80.65
・9月末の株価:$81.98(+1.65%)
・約定金額合計:$2,177.55
・9月末の評価額:$2,213.46
・評価損益:+$35.91
アルトリアグループ【MO】
・数量:33
・平均取得価格:$69.15
・9月末の株価:$63.50(-8.17%)
・約定金額合計:$2,281.95
・9月末の評価額:$2,095.50
・評価損益:-$186.45
ゼネラルミルズ【GIS】
・数量:38
・平均取得価格:$57.27
・9月末の株価:$51.76(-9.61%)
・約定金額合計:$2,176.10
・9月末の評価額:$1,966.88
・評価損益:-$209.22
iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】
・数量:50
・平均取得価格:$38.83
・9月末の株価:$38.80(-0.08%)
・約定金額合計:$1,941.50
・9月末の評価額:$1,940.00
・評価損益:-$1.50
ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】
・数量:10
・平均取得価格:$121.00
・9月末の株価:$130.01(+7.45%)
・約定金額合計:$1,210.00
・9月末の評価額:$1,300.10
・評価損益:+$90.10
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
・数量:23
・平均取得価格:$47.20
・9月末の株価:$49.49(+4.85%)
・約定金額合計:$1,085.60
・9月末の評価額:$1,138.27
・評価損益:+$52.67
AT&T(T)
・数量:27
・平均取得価格:$39.84
・9月末の株価:$39.14(-1.76%)
・約定金額合計:$1,075.68
・9月末の評価額:$1,056.78
・評価損益:-$18.90
コカコーラ(KO)
・数量:20
・平均取得価格:$42.00
・9月末の株価:$44.99(+7.12%)
・約定金額合計:$840.00
・9月末の評価額:$899.80
・評価損益:+$59.80
iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)
・数量:10
・平均取得価格:$85.48
・9月末の株価:$86.10(+0.73%)
・約定金額合計:$854.80
・9月末の評価額:$861.00
・評価損益:+$6.20

2017年9月を終えて

9月は過去50年で最大規模となるハリケーン「イルマ」の発生や、北朝鮮を巡る地政学的リスクの高まりなどが懸念せれましたが、ハリケーン「イルマ」は恐れていたほど深刻な被害をもたらさなかったことや、北朝鮮問題も両国首脳の激しい罵り合いはエスカレートしてますが、米国が北朝鮮への経済制裁に対して大幅に譲渡したこともあって、株式市場はNYダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500指数などの指数も過去最高値を更新しました。

また、先月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、FRB(米連邦準備制度委員会)は、バランスシートの縮小を10月から着手することと政策金利の据え置きを決定し、年内にあと一回の利上げを想定していることを公表しました。

今後のポイントとしては、北朝鮮問題やトランプ政権内のゴタゴタによる株安に注意することはもちろんのこと、金利の上昇局面では、私の保有するような高配当株は売られやすくなります(より安全な債券などと金利差が少なくなるため)。このようなイベントの状況によっては、株を安値で拾うチャンスも広がるということなので、今月も、しっかりと欲しい銘柄、買い増ししたい銘柄の値動きを注視していきたい思います。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA