2017年8月の実績



【スポンサーリンク】

米国株特定口座のポートフォリオ

9月になりました。この頃は朝夕めっきり涼しくなり、秋の気配も感じるようになりました。

昨日はハリルジャパンがオーストラリアに2対0で勝利し、来年行われるロシア・ワールドカップへの出場を決めました。先制点の長友選手のクロスから浅野選手のボレーも見事でしたが、2点目の原口選手のボール奪取から井手口選手がドリブルで中央に切り込みながら決めたシュートはまさに「ゴラッソ」。浅野選手が22歳、井手口選手が21歳と若い選手が躍動しての勝利に、来年のロシア・ワールドカップが楽しみになりました。

それでは、定例の2017年8月末の米国株特定口座の資産状況をまとめていきます。

●2017年8月末時点の米国株特定口座で保有している株式の評価額($)
保有している株式の8月末時点の評価額は21,020.61ドル
保有している株式の約定金額合計は21,248.46ドル
評価損益=-228.01ドル-1.07

評価損益は▲228.05ドルになり、米国株への投資をスタートしてから初めて含み損を抱えることになりました。

先月と比べると全ての銘柄が値下がりし、その中でも大きく値を下げたのが、エクソンモービル【XOM】、ゼネラルミルズ【GIS】といったところで、先月下旬の米国食品医薬品局(FDA)のニコチン規制報道によって値を下げたブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】、アルトリアグループ【MO】を買い増したことも、結果を言うと裏目にでました。

例年8月、9月は、株価が低調な時期として知られています。そんなことから9月はさらに含み損が拡大するかもしれませんが、そのときは絶好の買い場がきたとも言えるので、欲しい銘柄はしっかりと監視していきたいと思います。
米国株特定口座で保有している株式の4月以降のパフォーマンス(保有している株式の評価額+配当金⦅税引前⦆)の推移です。配当金が下支えしてくれたおかげで▲0.17%程度の損失で収まってくれました。

 

●米国株特定口座の全資産(キャッシュも含む)評価額(¥)
・米国株特定口座への入金額は4,779,800円
・現在の評価額は4,769,202
・評価損益=-10,098円-0.21%
※1ドル=110円で計算

米国株特定口座の全資産(¥ベース)はマイナス10,098円の含み損になりました。

8月は北朝鮮の地政学的リスクの問題やトランプ政権の混乱などでドルが売られ、一時108円台の円高ドル安になるなど絶好のドル転チャンスでした。220万円を米国株特定口座に入金して積極的にドル転し、現在は米国株特定口座の全資産の半分以上がキャッシュ(現金)で、なんらかの大きな動きがあれば、いつでも買い出動できるように準備しています。

配当実績

8月分の配当は48.58ドル。日本円に換算して5,344円の配当がありました。

2017年の配当収入は8月末の時点で176.23ドル。日本円に換算して19,385円になりました。

個別銘柄の状況

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】
・数量:49
・平均取得価格:$65.12
・8月末の株価:$62.15(-4.57%)
・約定金額合計:$3,191.08
・8月末の評価額:$3,045.35
・評価損益:-$145.73
ウエストパック銀行【WBK】
・数量:96
・平均取得価格:$22.94
・8月末の株価:$24.91(+8.58%)
・約定金額合計:$2,202.40
・8月末の評価額:$2,391.36
・評価損益:+$188.96
ロイヤルダッチシェル【RDS.B】
・数量:40
・平均取得価格:$55.30
・8月末の株価:$56.62(+2.39%)
・約定金額合計:$2,212.00
・8月末の評価額:$2,264.80
・評価損益:+$52.80
アルトリアグループ【MO】
・数量:33
・平均取得価格:$69.15
・8月末の株価:$63.45(-8.24%)
・約定金額合計:$2,281.95
・8月末の評価額:$2,093.85
・評価損益:-$188.10
エクソンモービル【XOM】
・数量:27
・平均取得価格:$80.65
・8月末の株価:$76.14(-5.59%)
・約定金額合計:$2,177.55
・8月末の評価額:$2,055.78
・評価損益:-$121.77
ゼネラルミルズ【GIS】
・数量:38
・平均取得価格:$57.27
・8月末の株価:$53.27(-6.98%)
・約定金額合計:$2,176.10
・8月末の評価額:$2,024.26
・評価損益:-$151.84
iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】
・数量:50
・平均取得価格:$38.83
・8月末の株価:$39.05(+1.08%)
・約定金額合計:$1,941.50
・8月末の評価額:$1952.50
・評価損益:+$11.00
ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】
・数量:10
・平均取得価格:$121.00
・8月末の株価:$132.53(+9.53%)
・約定金額合計:$1,210.00
・8月末の評価額:$1,325.30
・評価損益:+$115.3
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
・数量:23
・平均取得価格:$47.20
・8月末の株価:$47.97(+1.63%)
・約定金額合計:$1,085.60
・8月末の評価額:$1,103.31
・評価損益:+$17.71
AT&T(T)
・数量:27
・平均取得価格:$39.84
・8月末の株価:$37.50(-5.87%)
・約定金額合計:$1,075.68
・8月末の評価額:$1,012.50
・評価損益:-$63.18
コカコーラ(KO)
・数量:20
・平均取得価格:$42.00
・8月末の株価:$45.53(+8.40%)
・約定金額合計:$840.00
・8月末の評価額:$910.60
・評価損益:+$70.60
iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)
・数量:10
・平均取得価格:$85.48
・8月末の株価:$84.10(-1.61%)
・約定金額合計:$854.80
・8月末の評価額:$841.00
・評価損益:-$13.00

2017年8月を終えて

  • 北朝鮮の核・ミサイル問題による地政学的リスク
  • トランプ政権の経済政策実行能力の懸念
  • スペインでのテロ
  • ハリケーン「ハービー」による大きな被害など不穏な空気が漂った8月が終りました。

など不穏な空気が漂った8月が終りました。

また、8月末に行われたジャクソンホールでの年次経済シンポジウムでは、FRB(米連邦準備制度委員会)のジャネット・イエレン議長とECB(欧州中央銀行)のマリオ・ドラギ総裁の講演に注目が集まりましたが、経済情勢や金融政策の見直しといった内容には言及がなく、投資家が注目していた資産縮小の開始時期や次の利上げについては何ら新しい情報は示されませんでした。

ただし、北朝鮮の地政学的リスクについても、トランプ政権の混乱についても、まだまだ終わりが見えないことから、今後も相場に様々な影響が出るものと思われます。

また、資産縮小の開始時期、次の利上げの時期については、本年中は見送られたとしても、近いうちには必ず実行されます。そのようなことから、いずれ大きな相場の調整局面がやってくるのは間違いないと思われますが、そんなときに短期的な相場の値動きに惑わされず、

其の疾きこと風の如く、其の徐なること林の如し。侵掠すること火の如く、動かざること山の如し。

この「孫子」極意を投資で体現できるように、準備だけはしっかりしておきたいと思います。
それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA