2017年7月の実積



【スポンサーリンク】

米国株特定口座のポートフォリオ

いよいよ8月に入り夏本番になりました。連日の猛暑にゲリラ豪雨と自分が子供だった頃とは明らかに気候が変わってきているのを実感する今日この頃です。

キンキンに冷えたビールなど冷たいものが美味しい季節ですが、飲みすぎ、食べ過ぎに注意して、この暑い夏を元気に楽しく過ごしましょう。

それでは、定例の2017年7月末の米国株特定口座の資産状況をまとめていきます。

●2017年7月末時点の米国株特定口座で保有している株式の評価額($)
保有している株式の7月末時点の評価額は21,458.45ドル
保有している株式の約定金額合計は21,248.46ドル
評価損益=209.79ドル(+0.99%)

先月と比べてAT&T【T】とベライゾンコミュニケーションズ【VZ】が第2四半期決算の内容から値を戻してきました。そんなこともあって7月の評価損益は中々の好結果で終えることができるかなと思っていた矢先、7月28日に飛び込んできた米国食品医薬品局(FDA)によるタバコのニコチン規制報道により、保有するブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】とアルトリアグループ【MO】が急落。7月の評価損益は微増という結果でした。

米国株特定口座で保有している株式の4月以降(投資開始以降)のパフォーマンス(保有している株式の評価額+配当金⦅税引前⦆)の推移です。少しずつですが順調に伸びています。

 

●米国株特定口座の全資産(キャッシュも含む)評価額(¥)
・米国株特定口座への入金額は2,379,800円
・現在の評価額は2,403,433
・評価損益=23,633円(+0.99%)
※1ドル=110円で計算

米国株特定口座の全資産(¥ベース)は先月と比較して29,713円マイナスの2,403,433円になりました。為替の影響(円高ドル安)が大きく先月比ではマイナスになってしまいましたが、配当の下支えもあり何とかプラス収支で7月を終えることができました。

配当実績

7月分の配当は、32.14ドル。日本円に換算して3,535円の配当がありました。

2017年の配当収入は7月末の時点で127.65ドル。日本円に換算して14,041円になりました。

個別銘柄の状況

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】
・数量:49
・平均取得価格:$65.12
・7月末の株価:$62.60(-3.88%)
・約定金額合計:$3,191.08
・7月末の評価額:$3,067.40
・評価損益:-$123.68
ウエストパック銀行【WBK】
・数量:96
・平均取得価格:$22.94
・7月末の株価:$25.58(+11.50%)
・約定金額合計:$2,202.40
・7月末の評価額:$2,455.68
・評価損益:+$253.28
ロイヤルダッチシェル【RDS.B】
・数量:40
・平均取得価格:$55.30
・7月末の株価:$57.87(+4.65%)
・約定金額合計:$2,212.00
・7月末の評価額:$2,314.80
・評価損益:+$102.80
エクソンモービル【XOM】
・数量:27
・平均取得価格:$80.65
・7月末の株価:$80.10(-0.68%)
・約定金額合計:$2,177.55
・7月末の評価額:$2,162.70
・評価損益:-$14.85
アルトリアグループ【MO】
・数量:33
・平均取得価格:$69.15
・7月末の株価:$64.45(-6.80%)
・約定金額合計:$2,281.95
・7月末の評価額:$2,126.85
・評価損益:-$155.10
ゼネラルミルズ【GIS】
・数量:38
・平均取得価格:$57.27
・7月末の株価:$55.66(-2.80%)
・約定金額合計:$2,176.10
・7月末の評価額:$2,115.08
・評価損益:-$61.02
iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】
・数量:50
・平均取得価格:$38.83
・7月末の株価:$39.25(+1.08%)
・約定金額合計:$1,941.50
・7月末の評価額:$1962.50
・評価損益:+$21.00
ジョンソンエンドジョンソン【JNJ】
・数量:10
・平均取得価格:$121.00
・7月末の株価:$132.72(+9.69%)
・約定金額合計:$1,210.00
・7月末の評価額:$1,327.20
・評価損益:+$117.20
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
・数量:23
・平均取得価格:$47.20
・7月末の株価:$48.36>(+2.46%)
・約定金額合計:$1,085.60
・7月末の評価額:$1,112.28
・評価損益:+$26.68
AT&T(T)
・数量:27
・平均取得価格:$39.84
・7月末の株価:$38.98(-2.16%)
・約定金額合計:$1,075.68
・7月末の評価額:$1,052.46
・評価損益:-$23.22
コカコーラ(KO)
・数量:20
・平均取得価格:$42.00
・7月末の株価:$45.82(+9.10%)
・約定金額合計:$840.00
・7月末の評価額:$916.40
・評価損益:+$76.40
iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(HDV)
・数量:10
・平均取得価格:$85.48
・7月末の株価:$84.51(-1.13%)
・約定金額合計:$854.80
・7月末の評価額:$845.10
・評価損益:-$9.7

2017年7月を終えて

現在、続々と四半期決算が発表されていますが、その内容は概ね良好で、NYダウ平均株価やナスダック総合指数も連日最高値を更新し続けるほど米国経済は活況が続いています。

私の保有する銘柄については、ベライゾンコミュニケーションズ【VZ】とAT&T【T】が四半期決算の内容から買い戻された他、ウェストパック銀行【WBK】が大きく値を上げましたが、28日の米国食品医薬品局(FDA)によるニコチン規制報道を受けてブリティッシュアメリカンタバコは27日の終値69.85ドルから31日の終値62.52ドルとわずか2営業日で約10.5%下落、アルトリアグループは、27日の終値73.96ドルから31日の終値64.97ドルと12%以上も値を下げました。

日本株への投資を続けていた私が、米国株への投資へと切り替え始めて4ヶ月が経ちましたが、日本株より米国株の方がボラティリティが小さく投資しやすいと感じています。しかし、日本株であれ米国株であれ、決算がらみや政治がらみのニュースで大きく株価が上下するのは同じで、日本株のボラティリティに慣れている私は、所有するタバコ株の暴落にもアタフタすることはありませんでした。そういう意味では、やっぱりいろんな経験はしておくべきだなと感じたのとともに、学ぶべきことが多い7月だったと感じています。

 

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA