iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】より2018年9月分の分配金を受領



【スポンサーリンク】

《iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】より分配金を受領》

iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】(以下【PFF】)より9月分の分配金17.07ドル(1株当たり0.160ドル)、日本円に換算して1,898を受け取りました(118株すべてNISA口座で保有)。


(1ドル=112.00円で換算)

iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】は高利回り、毎月分配型のETF

2018.07.12

これで、

  • これまでに【PFF】から受け取った分配金の合計額は221.56ドル(日本円に換算して24,814円
  • 今年(2018年)受け取ったインカムゲイン(配当収入)は1,209.10ドル(日本円に換算して135,419円
  • これまでに受け取ったインカムゲインは1,675.40ドル(日本円に換算して187,644

になります(全て税抜き後)。



iシェアーズ米国優先株式ETF【PFF】への今後の投資方針

下のグラフは、金太郎が【PFF】に投資してから現在に至るまでの運用実績の推移です。

金太郎
元本が毀損するのは嫌だけどキャッシュで持っているのも利息が付かないのでもったいない!

だけど、債券ETF(【AGG】や【BND】)の分配利回りでは物足りない(為替次第では分配金を貰っても含み損がでるかも…)!

このように、私のポートフォリオでの【PFF】の位置づけは、『債券ETF(【AGG】や【BND】)の代用品』『目ぼしい投資先が見当たらないときのキャッシュ保管庫』といったものです。そして、今日(2018.9.14)に至るまでの運用実績は、株価の評価額では▲2.73%の含み損が発生していますが、ROI(投資利益率)で評価すると+2.17%の含み益が出ており(平均取得単価は38.3169ドル。現在の株価は37.27ドル)、今のところは期待通りの働きをしてくれています。

バンガード・米国トータル債券市場ETF【BND】は安定性抜群の優良債権ETF

2017.10.06

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF 【AGG】は、投資適格債券だけを集めた優良債権ETF

2017.09.29

しかし、近頃の私はポートフォリオのキャッシュポジションを大きくしたいと考えていて、私の脳裏には、

金太郎
もうそろそろ、【PFF】を売却しようかな?
という考えが、しよっちゅうよぎります。

売却すべきか?それとも保有(+買い増し)を続けるべきか?…。

【PFF】に関しては、個人的に、

金太郎
長期に保有し続ける限り、まず損(元本割れ)をすることはない!
と考えているので、なかなか売却する決心がつかない状況が続いています。

やはり、毎月分配金が支払われるというのは大きな魅力で、「売ろう」と考えていても、分配金が入金されると、「まだ売らなくてもよいか…」という気持ちになってしまいます。合理的に考えれば効率が悪いということはわかっているのですが…

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA