iシェアーズ・コア米国高配当株ETF【HDV】より分配金を受領(2017年初来のパフォーマンスを振り返る)



【スポンサーリンク】

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(以下【HDV】)より、7月分の分配金6.46ドル、日本円に換算すると729円を受け取りました。

※(1ドル=113円で換算)

iシェアーズ・コア米国高配当株ETF【HDV】は、分配金利回り3%越えのETF

2017.11.27

これで、今年受け取った配当金の合計は108.63ドル、日本円に換算すると12,275円になります。

分配金も受け取ったことなので、年初来からの【HDV】のパフォーマンスを振り返ってみたいと思います。

(引用元;ブラックロックホームページ

上のチャートは年初来からの【HDV】の基準価額の値動きです。最安値が81.25ドル、最高値が85.72ドルで、その間を行ったり来たりしています。

そして、多くの投資家がベンチマークにしているS&P500と連動するように設計された同社のETF、iシェアーズ・コア S&P 500 ETF 【IVV】(以下【IVV】)と【HDV】を、年初来からの基準価額のパフォーマンスで比較したチャートが次になります。

(引用元:Googleファイナンス)

【HDV】の0.63%の上昇に対し、【IVV】は8.32%も上昇していて、年初来のパフォーマンスは圧倒的に【IVV】の方に分があります。

分配利回りは【HDV】が3.45%、【IVV】が1.80%で【HDV】の方が1.65%高いです。(2017年6月30日現在)

【HDV】の保有する銘柄は、「生活必需品」「エネルギー」「ヘルスケア」「電気通信」といったセクターが中心の構成になっていて、原油安によるエネルギーセクターの低迷や、過当競争による電気通信セクターの低迷の影響をもろに受けており、正直言って年初来のパフォーマンスはパッとしません。

【HDV】は、どちらかと言えば景気変動の影響を受けにくいディフェンシブな銘柄で構成されていて、今後米国経済がリセッション(景気後退)入りした際に、どのようなパフォーマンスをしてくれるのか個人的には注目していて、リセッション時の【IVV】とのパフォーマンス差がどのようになるかが大いに興味があります。

【HDV】が設定された2011年3月から今日まで、米国の景気は拡大を続けています。

そのパフォーマンス(配当を含む)次第で、【HDV】の真価が問われるのでは?と個人的には考えていて、私の【HDV】に対する見方も、その結果次第で大きく変わるかもしれません。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA