自信を持って勧めることができる最適解



【スポンサーリンク】

投資をするうえで知っておくべきこと。

それは、投資をするということはプロの投資家や天才的な投資スキルを持った投資家たちと同じ土俵に立ち、少しでも多くのお金を儲けることを競い合うゲームに参加するということです

この事実を認識せず「今、〇〇が儲かるらしい」など、「甘ーい」情報に安易に乗って投資(ゲーム)に参加する人たちが大勢いますが、まずはこの事実を認識してから投資(ゲーム)に参加しましょう。

そして、投資には「運」という要素が大きく影響し、「運」を味方にしたビギナーが往々にして大儲けしたりするビギナーズラックも珍しくありません。確かに投資は、学歴を積んだり、体力トレーニングを積んだり、より良い道具を使ったりして、その集団から一歩抜け出すことができるようなものではなく、努力や道具が必ずしも報われるとは限りません。

しかし、「運」だけで勝ち続けることができるかと言えばそうでもなく、常に市場平均を上回る成果をあげるには類まれなる投資スキルや洞察力必要です。だからこそ、ウォーレン・バフェットは非常に稀有な存在として「投資の神様」「オマハの賢人」と呼ばれて尊敬を集めるのです。

 

私は不動産投資のような感覚で、ストラテジー&タクティクスを組み立てながら投資するのが好きで、永続しそうな企業の株をなるべく安値で買い、投資資金をなるべく早く回収して、「お金のなる木」を多く所有するのを目標にストラテジー&タクティクスを組み立てています。基本はバリュー投資なので、いろんな面で人の向き不向きがあるので誰にでも勧められるような投資手法ではないです

 

今現在、私が自信を持って勧めることができる最適解

今現在、私が自身を持って勧めることができる最適解。それは、指数に連動するように設計されたパッシブ・ファンドに投資することです。そうすれば、その市場全体の動きに連動した「マーケット・リターン」が得られることは確実であり、市場平均に勝つことは無理でも負けることはありません。

そして、近年はETF(上場投資信託)という最先端の金融テクノロジーが発明されたことから、低コストでパッシブ・ファンドに投資することが可能になりました

ETF(上場投資信託)とは?

2017.06.14

私自身、ファイナンシャルプランナーとして、顧客に勧める投資手法を提案する場合は、自分のしている個別株への投資ではなく、株式、債券、REITといった各アセットクラス(資産)のETFを利用し、顧客の目的にあうようにアロケーション(配分)するのが最適解だと提案します

具体的に言えば、

株式ETFだと

私が最適解としてあげている株式ETFは全て米国株OnlyのETFですが、私はそれが一番良い選択だと考えます。

米国株へ投資する6つの理由

2017.05.01

債券ETFだと

REIT(リート) ETFだと

を利用してポートフォリオを組むことです。

私自身が個別株に投資しているからこそ、ETFの素晴らしさ、メリットを実感していますし、私が先ほどあげたETFは全て自信を持ってお勧めすることができものばかりで、これらのETFを組み合わせるだけで素晴らしいポートフォリオを手に入れることができます。

例えば、バンガードグループの創業者であるジャック・ボーグルは、個人投資家向けて、「年齢=債権比率」+米国株式Onlyのポートフォリオを推奨していますが、30歳の人が、先ほど紹介したETFを利用してジャック・ボーグルが勧めるポートフォリオ(敬意を示してバンガード・ETFを利用)を組むなら、

こんな感じになります。

バフェットが個人投資家向けに推奨したポートフォリオを先ほど紹介したETFを利用して組むとしたら、

こんな感じです。

アグレッシブに行くなら株式ETFを多めにし、コンサバティブに行くなら債券ETFを多めにするなどして、今回紹介した優良ETFを自分の運用目的に合わせて組み合わせることで、誰でも簡単に素晴らしいポートフォリオを組むことができます。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA