投資におけるリスクマネジメントの必要性



【スポンサーリンク】

前回、「現代ポートフォリオ理論(MPT)におけるリターンとリスクの考え方」という記事を書きましたが、その記事の中でリスクを取りながら上手にリスクをコントロールする「リスクマネジメント」の必要性に触れました。

現代ポートフォリオ理論(MPT)におけるリターンとリスクの考え方

2017.09.05

今回は、前回の記事では詳しく触れなかった、投資における「リスクマネジメント」に関して、私の私見を述べたいと思います。

リスクマネジメントとは

コトバンクを利用し「リスクマネジメント」について検索すると、次のような説明がなされています。

行動の結果を確実に予測できない状態,あるいは行動に伴って不測の結果が発生する可能性がある状態をリスク(危険)という。リスクには,起こりうる結果とその確率がわかっている状態から,確率が客観的にわからない状態,そしてどのような結果が生じうるかさえまったくわからない状態まで,さまざまの程度がある。個人にせよ組織(企業,政府など)にせよ,ある行動を実行するに際して,事前にリスクの状態を評価し,最善の対策を講ずるとともに,事後的に好ましくない結果が生じたときに適切な処置をとる,一連の計画・統制の過程をリスク・マネジメントという。

引用元:コトバンク

この説明を踏まえて、投資家が実践する「リスクマネジメント」とは何か?というと、

投資を実行するに際して、事前にリスクの状態を評価して最善の対策を講ずるとともに、資産が大幅に毀損するような結果が生じるときは適切な処置がとれるよう準備しておく。
これが、私が考える、投資家が行うべき「リスクマネジメント」です。

投資を登山に例えて考える

登山にはいくつかの登頂ルートがありますが、登山の上級者は、登る山の難易度が上がれば上がるほど安全に登頂するルートを選択して山頂を目指します。そして、安全なルートを選べるのは、これまでに多くの知識、スキル、経験などを積んだからで、登山を計画する段階で、事前に「リスクマネジメント」ができています。

それに対して、理由もなく自分の力を過信している登山家や山を甘くみている登山初心者は、自分の知識、スキル、経験を過大評価して、自分の能力では到底不可能な難易度の高いルートから登頂に挑み、怪我や遭難するリスクを自ら大きくしています。

そして、投資の世界でも自分の力を過信している投資家や、「〇〇に投資すれば簡単に儲かる」「〇〇に投資するのは今がチャンス」といった情報を真に受けたビギナーが、難易度の高い相場へと挑み、損するリスクを自ら大きくしています。

登山の目的は山頂を目指すこと

投資の目的はリターン(報酬・利益)を得ること。

登山と投資の「リスクマネジメント」の違いは、登山は、自分の実力にあわせて難易度の高いルートを選ぶのもありですが、投資では「期待リターン」が同じであれば、よりリスクが小さいものを選ぶべきだということです。

「リスクマネジメント」能力を高める

リスクは、

  • 起こりうる結果とその確率がわかっているもの
  • 確率が客観的にわからないもの
  • どのような結果が生じうるかさえまったくわからないもの

など、その程度は様々ですが、どのような結果が生じるかさえまったくわからないものより、確率が客観的にわからないものの方が、またそれよりも、起こりうる結果とその確率がわかっているものの方がリスクは小さく、同等の期待リターンが実現できるのであれば、よりリスクが小さい投資対象に投資すべきです。

例えば、株式に投資をするなら、アニュアルレポート(年次事業報告書)を読んで企業分析をしたうえで投資判断を行う。自分が精通している分野に絞って投資を行うなど、投資対象の財務状況や事業内容を理解して投資に値するかどうかを判断をするば、何も知らない企業に投資をするよりは遥かにリスクを軽減することができます。

「投資の神様」ウォーレン・バフェットもこのように言っています。

W・バフェット
リスクはあなたが何をやっているか理解していないときに起こるものです

「リスクマネジメント」の能力を高めるには、自分の能力を客観的にみつめ、どのような投資スタイルが自分には向いているかを見つけること。そして、経験を積みながら、様々な成功事例や失敗事例から学んで、自分の引き出しを増やしておくことです。

今回の記事は自分への戒めのために書いた記事でもありますが、投資で勝つには「リスクマネジメント」能力は必修能力です。「謙虚に学び続ける」ことを忘れず、これからも相場と向き合い続けたいと思います。

最後にウォーレン・バフェットの師であるベンジャミン・グレアムの言葉を紹介します。

B・グレアム
投資とは詳細な分析に基づいたものであり、元本の安全性を守りつつ適正な収益を得る行動を差す。そしてこの条件を満たさない売買を投機的行動であるという。
(ベンジャミン・グレアム著 賢明なる投資家より)

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA