投資と種蒔き



【スポンサーリンク】

先月の話ですが、GWに妻の実家に里帰りをした際に稲の種籾蒔きを手伝いました。

いつも妻の実家からお米を頂いているのですが、私は結婚してから今まで妻の実家の米作りを手伝ったことがなく、また、私の実家には田んぼがありませんので私と娘は初めての米作り体験です。

ズブの素人なので何をすれば良いのか分からず、妻と妻方の家族の作業を見よう見まねでやったのですが、そのときフッと思ったのが「株式投資と作物を育てることには様々なことで共通点がある」ということでした。

種とお金

種を取っておかなければ次の年に作物を育てることはできません。そのために種を大切に保管しておきます。お金も全部使ってしまえば投資することはできません。

畑と投資先

せっかく種を蒔いても、種蒔きの時期や田畑の場所(土壌や気候)が作物と合っていなければ、その作物は上手く育たず収穫量も上がりません。株式投資も投資する時期や国、銘柄よって投資のしやすさやリータンが変わってきます。

災害と市場状況

作物が実り収穫するまでの間、素晴らしい天候に恵まれ豊作になるときもあれば、突然の日照不足や干ばつ、大雨や台風、地震といった予測不能の事態によって不作になることもあります。投資も、政治や経済状況によって左右され儲かるときもあれば損をするときもあります。

株式投資とギャンブル

一般的に株式投資はギャンブルによく例えられます。ギャンブルの定義をどう位置づけするかによって意見は分かれるところですが、不確実な未来にお金を提供することをギャンブルとするなら投資は間違いなくギャンブルと言えます。

ただし、ギャンブルと言われるものの多くが「マイナスサムゲーム」「ゼロサムゲーム」なのに対し、株式投資は、投資対象の企業や国が成長すれば株式の資産価値は増えて分け合う利益のパイも膨らんでいく「プラスサムゲーム」。マイナス成長になれば資産価値は減少して分け合う利益のパイが萎んでいく「マイナスサムゲーム」になる特徴があります。

マイナスサムゲーム
参加者の投資金額の合計よりも換金額の合計が少ないゲームのこと

(例:宝くじ・競馬・競艇・競輪・パチンコなど)

ゼロサムゲーム
参加者の投資金額の合計と還元額が同じゲームのこと

(例:FX・仲間内での賭け事)

プラスサムゲーム
参加者の投資金額の合計よりも還元額の合計が多いゲームのこと

(例:株式・仕事・預金など)

農作物を育てるように「適切な時期に」「適切な市場や銘柄(場所)に投資し(種を蒔き)」「市場状況や経営状況が良ければ(天候に恵まれ、災害が起こらなければ)」みんながリータン(実り)を享受することができるのが株式投資です。

大切なお金(種)を何時何処に投資するか(蒔くか)。

それを判断する知識とスキルを磨くことによって、株式投資はギャンブルでなくビジネスに近づくと私は考えますが、あなたはどう思いますか?

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA