バフェット氏が普通の人に薦める資産運用の方法とは



【スポンサーリンク】

「投資の神様」ウォーレン・バフェットは、バークシャー・ハサウェイの株主に向けた2013年度の「バフェトからの手紙」に、このようなことを書いています。

My advice to the trustee could not be more simple: Put 10% of the cash in short-term government bonds and 90% in a very low-cost S&P500 index fund. (I suggest Vanguard’s.) I believe the trust’s long-term results from this policy will be superior tothose attained by most investors – whether pension funds, institutions or individuals – who employ high-fee managers.

日本語に訳すとこんな感じです。

私は遺産の管財人(妻)に、現金の10%を政府短期債で、残り90%はS&P500のインデックスファンドで運用するよう指示しました。(私はバンガードのものを勧めます)。こうした方針をとることにより、高額な手数料をとる運用者を抱えている他の投資家(年金基金・機関・個人など)よりも長期では優れた結果を残せると確信します。

そうです。わざわざ(I suggest Vanguard’s)と()を付けて、自分の死後、「遺産の9割はバンガードのS&P500のインデックスファンドを利用して運用するように!」と妻に指示していることを公表したのです。

S&P 500 指数(インデックス)とは?

S&P500は「スタンダード&プアーズ社」 が算出している米国の代表的な株価指数で「ニューヨーク証券取引所」「アメリカン証券取引所」「NASDAQ」に上場している代表的な500銘柄の株価を基に算出される時価総額荷重平均型株価指数です。

時価総額荷重平均とは?
組み入れ銘柄の時価総額合計を基準となる時点での時価総額合計で除して(割って)求める計算方法で多くの株価指数はこの時価総額荷重平均がとられています。

「バフェットからの手紙」に書いてあるS&P500インデックスファンドとは、このS&P500をベンチマークとして運用される投資信託のことで、米国を代表する大型株約500銘柄の時価総額に合わせて分散投資するのと同等の成果を得ることができ、しかも、指数の変化に合わせて保有銘柄を自動的に入れ替えながらリバランスもしてくれる金融商品のことです。

バフェットが、数あるS&P500 インデックスファンドの中から(I suggest Vanguard’s)と名前をあげてバンガードの S&P500 インデックスファンドを勧めているのは、2003年当時、年間経費率が1番安いS&P 500インデックスファンドが、 バンガードS&P 500 ETF【VOO】(2013年当時の経費率は0.06%で現在は0.04%)だったからで、S&P500 インデックスファンドのようなパッシブ運用の金融商品は年間経費率などのコスト差が長期的には大きなパフォーマン差になって現れるからです

(出典:Yahooファイナンス)

上のチャートは1950年代から現在までのS&P500の長期チャートです。大きな調整局面は何度かありますが、この右肩上がりのチャートを見ると、バフェットがS&P500のインデックスファンドを勧めるのも頷けます。

(引用元:BLACK ROCK)

上のチャートは、ブラックロックのS&P500 インデックスファンド・iシェアーズ・コア S&P 500 ETF 【IVV】に10年前の2007年6月16日に10,000ドル投資して、分配金を再投資(管理報酬およびその他の費用は控除後)しながら現在(2017.6.16)まで運用したと仮定した場合いくらになっていたかを算出したものです。その結果は19,614.76ドルと約2倍にもなっています。

米国株への投資をしている多くの投資家(プロも含む)が、S&P500を上回るパフォーマンスを目指して株式を運用していますが、バフェットの手紙にあるように、多くの投資家は長期的に見ればS&P500指数を下回るパフォーマンスしか残せていないのが実情です。(7割以上の投資家はアンダーパフォームしていると言われています)

バフェットが、なぜ、S&P500 のインデックスファンドを勧めるのか?

それは、バフェット自身が長年S&P500を上回るパフォーマンスを目標に株式を運用し、長年S&P500を超えるパフォーマンスを積み重ねてきたからこそ、S&P500のパフォーマンスを常に上回る難しさを知っているからです。

 

オススメのS&P500 インデックスファンド商品

当ブログの管理人金太郎のオススメは、年間経費率が低く売買が容易な 、

バンガード・S&P 500 ETF【VOO】は、ウォーレン・バフェット推奨のETF

2017.09.25

iシェアーズ・コア S&P 500 【IVV】は経費率わずか0.04%のS&P500指数連動型ETF

2017.09.25

SPDR S&P500 ETF【SPY】は米国で最も長い歴史があるETF

2017.09.24
のETF3本です。

また、日本円で購入したいという人は、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのスパイダーS&P 500 ETF【1557】が東証に上場しているので、カブドットコム証券で特定口座を開設すれば、フリーETFを利用することで購入手数料を無料にできます。

しかし、ETFは小額からの投資に向かないことや、分配金の再投資や積立投資をする際は自分で証券会社にログインして購入注文を出す必要があるなど、初心者には少々敷居が高いのも確かです。

「そんな面倒くさいことしたくない」という人には、大和証券投資信託委託の低コストインデックスファンドシリーズ・iFree S&P500インデックスがオススメで、換金手数料、信託財産留保額は無料、信託手数料は年率0.243%(税抜0.225%)とコストも投信としては極めて低く抑えられています。

i-mizuho米国株式インデックスでもよいですが、信託報酬手数料が0.6156%(税抜0.57%)とiFree S&P500インデックスと比べるて割高なので、私はiFree S&P500インデックスをオススメします。

iFree S&P500インデックスを利用すれば、分配金の再投資や積立投資も自動でやってくれるので面倒な手間もかからず、その際の手数料もかかりません。またETFの場合は確定申告しないと外国税控除を受けられませんが、投信は特定口座を利用して購入すれば確定申告しなくてもOKです。

「伝説の投資家」ウォーレン・バフェットが勧める、S&P500 インデックスファンドへの投資が、今や日本に居ながら気軽にできる時代がやってきました。そして、バフェットだけでなく多くの著名な投資家が、S&P500 インデックスファンドを普通の一般投資家の最適解としてあげています。

クソのような投信ばかりが売られ、外国株への投資が敷居の高かった時代を知っている者としては、

金太郎
いい時代になったなぁ~!
と心から思うのと共に、これから投資を始めようと考えている20代(10代?)の若者がとても羨ましく思います。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA