ゼネラルミルズ【GIS】を18株買い増し



【スポンサーリンク】

23日にゼネラルミルズ【GIS】を55.95ドル×18株買い増しました。

 

ゼネラルミルズ【GIS】はHäagen-Dazs でお馴染みの老舗食品会社

2017.11.21

今回の買い増しで1株当たりの平均取得額を58.45ドル⇒57.27ドルに下げることができましたが、ゼネラルミルズは7四半期連続減益中ということもあり株価は今いちぱっとしません。しかし、業績や財務状況を見る限りでは、個人的には

金太郎
買いだ!
と判断したのでナンピン買いを実行しました。

 

Amazonの脅威(アマゾンって凄くね?)

先週16日に報じられたアマゾン【AMZN】のホールフーズマーケット【WFM】買収のニュースを受けてゼネラルミルズの株価は58.83ドルから57.10ドルと2.94%下がりました。それからしばらく値動きを追って、56ドル付近まで値が下がった所で買いの判断をしたのですが、この出来事で感じたことは、

金太郎
Amazonの存在感ハンパね!

ということです。

アマゾンの存在感は、日本に住んでいる私たちが想像しているものよりも米国では遥かに巨大だということを認識せざる得ません。なにせ、スーパー買収のニュースがスーパー等の小売業だけならまだしも、食品会社の株価にまで影響を与えるのだから…。

ニュース記事を読んだところ、この度の食品株への影響は「アマゾンがネット上で販売するプライベートブランド(イオンでいったらトップバリュー製品)が実店舗で販売されることにより食品会社のシェアに影響を与えると考えられるから」らしいのですが、ゼネラルミルズは長い間消費者に愛され続けるブランドを複数保有しているのだから、ちょっとやそっとではガタガタにはならないと私は考えて買い増しました。ただ、マーケットはAmazonの脅威を織り込んだ結果、食品株は値を下げたはずです。

金太郎
俺、Amazonを舐めてねぇ~か!

と心の声が聞こえます…、

この判断が、正しかったのか?間違っていたのか?

今後の様子を見てみようと思います。

最後に一言、

金太郎
Amazonって凄くね?

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA