下手なナンピンすかんぴん?(【BTI】【GIS】に追加投資)



【スポンサーリンク】

難平(ナンピン)

ナンピンとは何か?というと、保有している銘柄の株価が下がった時に更に買い増しをして平均取得単価を下げることをナンピン買いと言い、ナンピンとは漢字で書いて難平、すなわち買値をたくするのはしいということから「難平」と書きます。

そのナンピン買いに関する相場の格言に、「下手なナンピン素寒貧(すかんぴん)」という言葉があります。

この言葉の意味は「下手なナンピン買いをすると損失が拡大するよ」という戒めの言葉で、ナンピン買いは一般的に損失を拡大させる危険な投資方法だと言われるているのです。

ところが、金太郎はナンピン買いはチャンスだと捉えて喜んで実行しています。

それは一体何故なのか…?

買い増した(ナンピン買いした)銘柄の記録とともに、その理由を説明していきます。

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】とゼネラルミルズ【GIS】を買い増し

14日にブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】の株式を「58.20ドル×10株」指値で買い注文を入れ無事に約定しました。


ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】は世界最大のタバコ会社

2017.11.28
この買い増し(ナンピン買い)で保有するブリティッシュアメリカンタバコの株式は70株から80株に増加。購入取得単価は64.7873ドルから63.9638ドルに下がりました。


買い増し時の株価は50日移動平行線、200日移動平行線の遥か下に位値し52週安値の近くにありました。その価格は金太郎の購入取得単価より10%以上も安くなっており追加投資を決定しました。

更に16日にはゼネラルミルズの株式を「51.50ドル×12株」指値で買い注文を入れ無事に約定しました。


ゼネラルミルズ【GIS】はHäagen-Dazs でお馴染みの老舗食品会社

2017.11.21
この買い増しで保有するゼネラルミルズの株式は38株から50株に増加。購入取得単価は57.27ドルから55.882ドルに下がりました。

こちらもブリティッシュアメリカンタバコと同様に、買い増し時の株価は50日移動平行線、200日移動平行線の遥か下に位値しており、その価格は金太郎の購入取得単価より10%以上も安くなっていました。ポートフォリオに占める割合も株価が下がったことにより低下していて、調整の意味もあって追加投資を決定しました(目標はポートフォリオの5%で今回の追加投資により目標を達成)。

金太郎がナンピン買いをするのは…

ナンピン買いは株価が下落局面の中おこなうものなので、株価が下げ止まらなければ損失は雪だるま式に脹らんでしまう投資方法です。

ですから、短中期的に株を売買して利益を得る「キャピタルゲイン重視」の投資家であれば「下手なナンピン素寒貧(すかんぴん)」の格言通り、無計画・場当たり的なナンピン買いを避けるべきであり、確実にロスカット(損失切り)できるようにルールを定めておくことが推奨されます(特にレバレッジをかけている場合は命取りになります)。

しかし、「配当再投資戦略」をプランの主軸に置き、「インカムゲイン重視」「バリュー投資」「長期投資」を実践する投資家にとっては、ナンピン買いは利益の源泉でありチャンスとなります。

バリュー投資とは「企業の利益・資産などの基準に対して割安なものに投資する手法」で、割安と判断して購入した銘柄の価格が下がり、それをナンピン買いして更に平均取得単価を下げることができれば安全域を更に広げることに繋がります。

また、株価が下がるということは配当利回りが上昇する(配当を出す銘柄の場合)のとともに、株数を増やしやすいということなので、配当再投資戦略のパフォーマンスを改善するには、ナンピン買いができる状況こそ好都合だと言えます。

しかし、そうは言ってもナンピン買いして株価が買値に戻らなければ(銘柄選びを間違えば)損をするのは同じです。

ですから、

金太郎
俺の保有する銘柄はブルーチップ(優良企業)ばかりやから、いずれは株価は元に戻る(上昇する)やろ…
と過信したりせず、定期的に発表される決算の折には財務諸表(PL・BS・CS)及びガイダンスを確認して、
金太郎
自分が間違った…
と悟ったときは、素早く逃げ出す(ロスカットする)ことが肝心になります。

「下手なナンピン素寒貧(すかんぴん)」

ナンピン買いをするきは、この格言の言葉の意味を忘れないようにしたいものです。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。

 



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA