Financial Goal(ファイナンシャルゴール)への道のり【2017年大晦日を迎えて】



【スポンサーリンク】

年末の挨拶

金太郎
Financial Goal 管理人の金太郎です!

これが2017年最後の投稿になりますが、まずは、

金太郎
この1年、当ブログをご愛顧してくださった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
と感謝の意をお伝え申しあげます。

 

今年四月に当ブログを開始し、あっという間に2017年は終わろうとしていますが、私がこのブログは始めた理由は、

「私がその時どう考え、どんな投資行動をとったか…」

そのプロセスを記録し、その成否を検証することは、本業(ファイナンシャルプランナー)の知見を培うのに役立つと考えたこと。また、自分の投資哲学や投資行動、投資結果をオープンにすることで、当ブログの読者であろう投資家及び投資家予備軍の方々へ、良し悪しは置いといて一つのサンプルとして参考になるのでは?という考えから、私の「Laboratory(実験室)」として、当ブログ「Financial Goal(ファイナンシャルゴール)」を開設しました。

当ブログを運営するにあたり私が実感したことは、自らの投資活動を振り返り、その成否の検証を習慣付けをすることは、投資を学ぶうえで大変有意義だということ。それと、開始直後は誰の目にも止まらなかったこのブログが、最近は訪問者も少しずつ増えて、

金太郎
執筆は大変だけど、それ以上に、自分の作ったコンテンツに興味を持ってもらえることに喜びを感じる!
ということです。

貴重な時間を割いて当ブログに訪問してくださった方々に、より良いコンテンツをご提供できるよう、なお一層精進いたしますので、

金太郎
来年も引き続き、Financial Goalをよろしくお願い申しあげますm(__)m

Financial Goal(ファイナンシャルゴール)への道のり

Financial Goal(ファイナンシャル・ゴール)とは、Fainancil Free(ファイナンシャル・フリー)を手にすること。具体的にいえば、毎月減っていく通帳の残高に気を病んだり、欲しいものが買えないといった、お金に関わるストレスとは無縁の状態になることです。

ただし、何処にGoal line(ゴールライン)を引くかは、人によって様々で、現在の状況と、どんな目標(Goal)を想定しているかによって、Financial Goalへの道のりは、なだらかな道のりなのか?険しい道のりなのか?それぞれ異なります。

現在の状況(環境)に、恵まれている人と恵まれていない人。

目標(Goal)の設定を高くしている人(贅沢に暮らしたい、働きたくないなど)と、低くしている人(老後の衣食住に困らない程度の資産を確保)。

これら組み合わせによっては、Goalに到達する難易度はまったく違うものになります。

私は、贅沢な暮らしやアーリーリタイアを望んでいるわけでありませんし、家族3人、今の暮らしに十分満足して幸せに生きていますので、今の生活水準を保ち(守り)ながら20年後あたりを目安に、収入、それも資本所得で5~10万/月増やすことをGoalに定めています。

資本所得とは
賃料・配当・利子・利潤・キャピタルゲイン・ロイヤリティといった、不動産や金融商品、産業設備などの資本を所有していることで得られる所得のことです。

皆さんも、この年末年始、自分自身のファイナンシャルゴールを今一度確認してみるのはいかがでしょうか?

自分の人生(ライフプラン)と投資を結びつけて考えることで、自分の投資スタイルやストラテジー&タクティクスを見つめなおす良いキッカケになるかもしれませんよ。

それでは、皆さんよいお年を!Financial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA