人生は選択の連続である!



【スポンサーリンク】

「Life is a series of choices(人生は選択の連続である)」

この言葉は「ロミオとジュリエット」や「ハムレット」、「マクベス」などを執筆した劇作家ウィリアム・シェイクスピアの言葉です。

普段は意識しませんが、私たちは1日に1,000回以上大小様々な決断を行っていると言われており、人は自分の置かれた境遇や環境に不平不満を感じた際には、その原因を自分の決断や能力にではなく、他に責任を求めたがる習性があります。

しかし、恵まれた環境に生まれたなどスタートラインに違いがあるにしても、現在の境遇や環境は、これまで自らが下した決断の数々が導いたものだということを認識する必要があるのでは?と私は考えます。

過去の無数の決断が現在の自分を形成し、これから下す決断が未来の自分を形成していく!
このことを認識したうえで日々の決断を下しているかどうか…

理想の人生に近づけるかどうかの分岐点はそこなのでは?と、失った時間の大切さを噛みしめながらこの記事を書いています。

お金に関する選択

私の職業はファイナンシャルプランナーであり、このブログのタイトルは「Financial Goal(ファイナンシャルゴール)」なので、ここからは人生論ではなく、お金に関する選択ついて書いていきたいと思います。

日々数千の決断の積み重ねの結果があなたの人生を形作る。これはあなたの経済状況にも当て嵌まることです。

誰もが豊かな生活を望み多くのお金を欲しがりますが、お金を増やすには以下の3つの方法しかありません。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 投資をする

あなたが、今の経済状況に満足をしているのであれば、あなたが過去に行った決断は概ね正しかったと言えると思います。しかし、あなたが今の経済状況に満足していないのであれば、あなたが過去に行った数々の決断は、失敗や間違いだったと言えます。

あなたが会社員だったとしたら、給料などの収入面に不満があるのならその会社に就職したこと自体が間違いですし、能力で給与が変わるのであれば、スキルアップに必要な努力や自己投資が足りなかったということです。

「そんなこと言ったて自分が入れる会社では、この会社が一番条件が良かったのだから仕方ない」と言うのであれば、それはあなたが学生時代に勉強してこなかったことが誤りだったということになります。

就職にはタイミングという「運」もありますが…

お金が貯まらないのであれば、収入に見合わないお金の使い方しているのであり、お金持ちばっかり得をすると思っているのら、自分もリスクをとって起業して成功するなり、投資するなりしてお金持ちになろうとしなければなりません。

このように、もし、あなたが経済的な不満を抱えているのであれば、状況を好転させるアクションを起こし、より良いベクトルに向かうような決断を積み重ねる必要があります。そして、それを実現させるにはそれ相応のファイナンシャルインテリジェンス(金融に関する知識)と洞察力が必要です。

1日は24時間、1年は365日。これは誰であろう平等です。そして、この限られた時間の使い方、決断の違いが、「お金を持つ者」「お金を持たざる者」という格差になって現れます。

お金というものは信用であり、私たちが生きる資本主義社会は、「お金(信用)を持たざる者」より「お金(信用)を持つ者」の方に、よりお金(信用)が集まるようにできています。

あなたが「お金(信用)を持つ者」になりたいのであれば、

「人生は選択の連続である」

「過去の無数の決断が現在の自分を形成し、これから下す決断が未来の自分を形成していく!」

この2点を意識し、将来、自分は「お金(信用)を持つ者」になる!ということを頭に描きながら決断していくことが必要で、そのためにはファイナンシャルインテリジェンス(金融に関する知識)を学び知識を身に着けること、そして、身に着けた知識を利用して正しい決断を積み重ねることで、あなたは将来「お金(信用)を持つ者」へと変わっていくのです。

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA