『金持ち父さん貧乏父さん』から学ぶ資産と負債の違い



【スポンサーリンク】

『金持ち父さん貧乏父さん』

ロバート・キヨサキの著書『金持ち父さん貧乏父さん』が、私に与えた影響は非常に大きいです。

何気に立ち寄った書店でこの本を手に取って読んだことがキッカケとなって、私は真剣に「お金」について考えることができました。そして、この本を読むことによって「お金について学びたい」という欲求が生まれ、ファイナンシャルプランニング技能士の資格取得を目指して勉強を始めたり(最終的には最上位の1級を取得)、「投資や資産運用」「保険」「ビジネス」「ファイナンス理論」「不動産」関連の本を読み漁ったりと、学べば学ぶほど「お金」に関する興味は増し、その延長線上にあるのが、現在ファイナンシャル・プランナーとして仕事をしている自分です。

今、読み返すと「たいしたことは書いてないな」「これを真に受けると痛い目にあうだろうな」と感じるところも多々あるのですが、それは、私のマインドセットがこの本を読む前後で大きく変わったからであって、何も考えずに働いて給料を貰い、浪費していた当時の私にとっては、この本に書かれている内容は、これまでの価値観を変えてしまうほど衝撃的なものでした。

その「金持ち父さん貧乏父さん」の中でも、今だ秀悦だなと感心し、私も実務で頻繁に引用させていただいている定義があります。

それは、資産と負債の違いを説明する次のくだりです。

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

(以下、すべて『金持ち父さん貧乏父さん』より引用)

資産と負債

会計の知識がある人は「貸借対照表」や「損益計算書」を読む力があるので「資産」と「負債」の違いなんて難しくないでしょう。しかし、会計の知識を持たない一般人は「資産」と「負債」の違いと言われてもチンプンカンプンなのではないでしょうか(私も勉強するまではチンプンカンプンでした)?

そんな一般人に「資産」と「負債」の違いを簡単に説明してくれるのが、「金持ち父さん貧乏父さん」にある、

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

という定義です。

私の知る限りこれ以上分かりやすい「資産」と「負債」の違いに関する定義はないのでは?と思いますし、誰でもこの定義で説明を受ければ「資産」と「負債」の違いが理解できるのではないでしょうか?

ロバート・キヨサキは著書「金持ち父さん貧乏父さん」の中で、このように述べています。

◉資産と負債の違いを知ることが第一
まず大切なのは、資産と負債の違いを知り、資産を買わなければならないということだ。金持ちになりたい人が知っておくべきことはこれにつきると言ってもいい。いわば金持ちになるための鉄則だ。「そんなことは簡単じゃないか」と思われるかもしれない。だが、このルールの持つ意味の深さを本当に理解している人は少ない。大部分の人は資産と負債の違いを知らないために、いつもお金がなくてヒイヒイ言っている。

金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思いこむ

この赤いアンダーラインを引いてある部分の「資産」と「負債」の簡単な見分け方が、

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

という定義です。

より具体的に言えば、「資産」と言えるものには、

  • 債券
  • 手形
  • 不動産(収益用)
  • 印税などを生むもの
  • 知的財産

等の収入を生むものがあり、持ち家(住宅ローン・税金)、車(カーローン・税金・保険・燃料費)といったものは、所有するだけでポケットからお金をとっていくということで、ロバート・キヨサキ流の考えでは「負債」ということになります。

金持ちは資産を買う

貧乏人の家計は支出ばかり

中流の人間は資産と思って負債を買う

一生懸命稼いだお金。その使い方一つで「金持ち」「貧乏人」「中流」など格差が生まれます。

「資産」を持てば持つほど労働収入以外の収入源が増えて経済的な余裕が増していくのに対し、「資産」が持てなければ、収入は労働収入頼みになり、収入に対して支出が増えればその分だけ経済的には苦しくなります。

また、キャッシュポイント(お金の入り口:収入源)は多いのに越したことはなく、自分の労働収入に頼りすぎてしまうとリストラや病気で働けなくなった場合には経済的に貧窮することも考えられます。

余裕のある老後生活を送りたい人やアーリーリタイヤを目指している人、様々な夢をもって実現したいと考えている人は、

「ファイナンシャルゴールを決めたい」
「ファイナンシャルフリーダム(経済的自由)を手に入れたい」

と考えているはずです。そんな人たちは、

資産は私のポケットにお金を入れてくれる

負債は私のポケットからお金をとっていく

この言葉を頭に叩き込み、自分のお金の使い方を見直すことからはじめてみてください。

少しずつかもしれませんが、きっと「ファイナンシャルゴール」「ファイナンシャルフリーダム」に近づき、夢の実現が見えてくるに違いありません。(目標に辿り着いていない私が偉そうに言うのもなんなんですが…)

それではFinancial Goalを目指して!challenge to Financial Freedom !

注意
投資にリスクは付きものです。
投資判断は自己責任であることを忘れないようにしましょう。



【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA